スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六花と黒豆

おひさしぶりです、子供の運動会やら何やらで忙しく
さらにはみんな記事にするほどの変化もなかったので放置気味でした。
ごめんなさい(´・_・`)

とりあえず落ち着いたので近況を。
りっちゃんはまだマンソンさんがいるんですが、
卵から虫がうつることはないようなのでみんなの中に仲間入りさせてみました。

IMG_2764.jpg

さすがモカ兄です。
ちゃんと子守してます(*^_^*)

天とも最初は怖がって近くに行くことはありませんでしたが、
りっちゃんが騒いでるだけで、天は我関せず状態だったため怖さが緩和され
無事仲間入りすることができました!
IMG_2801.jpg

この間うっかり子供のたんすにりっちゃんの尻尾をはさんだらすごい悲鳴をあげました。
モカ&チャコはしっぽが狸状態でびっくり。
天が心配して駆けつけてきました。
男ばっかりですがそれなりに育児してます(* ´ ▽ ` *)

本日朝からりっちゃんと黒豆を連れて動物病院へ。
六花はまだマンソンさんがいました・・・(ノ_<)
なかなかいなくならないもんですねぇ。

黒豆さんは回虫はいなくなってましたが、コクシジウムがいました。
なんでやねん・゚・(つД`)・゚・

目はわりと綺麗になってきました。

IMG_2825.jpg

ウィルス性の風邪らしいけど検査はしてないので特定はしてません。
自分でネットで調べてみた感じだとヘルペスウィルスかなぁ?と。
とりあえず前回体重も減っていたので、ウェットフードを中心にミルクを飲ませてみたりと
食べやすさ重視にしたところ体重も増えてきて、目の症状も落ち着いてきました。
コクシジウム用のシロップと目薬に加えて何でかおしりにできたハゲようのお薬をもらいました。
一応真菌ではなかったので一安心。

コクシジウムと風邪症状が落ち着いたら白血病&エイズの検査して
問題なければ晴れてみんなの仲間入りかな?

IMG_2759.jpg
冬になるとこの座布団の争奪戦が猫たちの間で行われるわけだが、
今年はりっちゃんも参戦かな?
スポンサーサイト

双子の記録 思い出話

今から3年前。
モカとチャコは実家の屋根裏から入り込んだ野良が産んで妹から持ち込まれました。
あんまりにも気になった妹が巣を覗くので、
母親が育児放棄したのか戻ってこなったようで
困った妹からヘルプがきて、4匹の中から里親が見つけやすそうな可愛い二匹を預かりました。
夜だというのに大阪から明石まで車を飛ばしてやってきました。

IMG_0290.jpg

二人とも目が開いたばかりで、今の黒豆よりずっと小さかった。
目も目やにでカピカピ。
ミルクしか飲んだことのない二匹。
さすがにミルク育児は初めてで戸惑ったけど、
まぁ人間の赤子も同じペースで泣くしな~とミルクを4時間ごとに与えてました。

IMG_0303.jpg

ある程度大きくなったら里子に出すつもりで、名前も色のみで決定。
すくすく大きくなった頃、旦那が「もううちの子でいいんじゃない?」と言い出した。

P1000121.jpg

え~、よそにやるつもりで名前もめっちゃ適当に考えてるし
何より天がなんて言うか・・・。

P1000118.jpg

結局そのまま天に決めてもらおうと(/・ω・)/エイっと 離してみると、
意外にも相手が無謀な子猫だからか迷惑そうにしながらも相手をするようになりました。

IMG_0402.jpg

二匹と天の関係は
チャコと天はおじいちゃんと孫みたいで、
モカと天は師匠と弟子みたいな感じになりました(笑)
(モカは天を見て腕枕で寝ることを習得しました)

薄幸そうだった見た目の彼らも今ではふとましいおっさんになりました(;´∀`)
106.jpg

兄弟でいるせいか、彼らは嫌だと思ったときでも噛んできたりはしません。
ペロペロっと舐めて「やめて~」の意思表示をします。
とても温厚で紳士です(^∇^)


056.jpg

六花と黒豆のお世話はこの双子がやってくれそうです。
優しいお兄ちゃんズがいるからちびっ子は安心かも?

黒豆その後

黒豆は元気になってきて動きが活発になってきたので、100均グッズで簡易サークルを作ってみた。
が、せまかったようだ(゚ー゚;A
しかも低いようであっさりと上って柵をこえて脱走してきたし。

IMG_2740.jpg


目は相変わらずあまり変化なし?
鼻もグズグズのまま。
いつ治るんだろうか。
IMG_2748.jpg

んで、黒豆のお腹に白い毛発見。
りっちゃんも胸と下腹部に白い毛があるんだけど、なんかおそろい?
黒猫って真っ黒かと思ってたけど、ちらほらと白い毛がまじってるのね。

IMG_2754.jpg

六花を母親か兄弟だと思ってるのか、りっちゃんが鳴くと黒豆もつられて鳴く。
視線もりっちゃんを追いかけてる。
早く一緒に遊べるように風邪なおれー!

最近の六花

りっちゃんのハゲがだいぶ小さくなりました。
おでこにあったでっかいはげはほぼ目立たないくらい小さく。
目頭付近と目の下のライン状のはげは多分なくならないんじゃないかなぁ?

IMG_2678.jpg

自撮り風に撮ってみたけど、よくわからんね(;´∀`)

手のハゲも日々小さくなっていってます。

IMG_2735.jpg

お家は安全だと思っているのか、えらく優雅です(笑)
先住たちと違いよく喋ります。
女子だから?個性?
IMG_2716.jpg

こうやってみると、怪我してた事とかわからないくらい綺麗ね。

IMG_2726.jpg

りっちゃんはクロネコヤマトの車が通るとパニック気味になります。
外生活のときに怖い思いしたんだろうか?
モカやチャコとは友好的にやってますが、天は苦手みたいで未だ威嚇して逃げていきます。
まぁ、野良猫を網戸越しにお漏らしさせる武勇伝を持つじーちゃんなので怖いんだろうな(笑)
うんちも通常に戻ってきて虫さんもいなくなったみたいだから、隔離部屋卒業ですかね。
次は黒豆さんの育児だわー。

黒豆

日曜日、長女がクラブ帰りの道路で黒い子猫を発見。
車の通る危険な場所でうずくまり、近づくとシャーっと威嚇する。
そんなわけで、長女からのヘルプをうけて現場にチャリンコで急行。

いましたよ、ちっさい黒いのが。
ジーっと見てると怖いのか威嚇する。
「まぁ、まぁ。落ち着いて」
とむんずっとつかんで持参した小さな段ボール箱にINして帰宅。

目やにがひどく瞬膜も腫れている。
とりあえず、旦那に風呂へ入れてもらいふやかした六花ごはんを食べさせる。
食べて寝る。
朝見るとトイレもちゃんと使えてる。いい子だな!
IMG_2712.jpg

で、六花が病院にマンソンのお注射(二回目)を打ってもらうのでついでに受診。
たぶん1ヶ月半くらいかなぁとのこと。
猫風邪による結膜炎、回虫もいたので駆除をお願いする。

そんなわけで発見した娘に命名させた結果「黒豆」です。
里親を探すのかうちの子にするのかはまだ未定ですが、とりあえず治療が先だよね。

マンソン裂頭条虫

りっちゃんがうちに来て二日目、なんか下痢してる。
二回目の予防接種までまだ間があるし、今のうちに病院でカルテ作ってもらっておこう。
ってことで、行ってみたところいました『マンソン裂頭条虫』( ̄□ ̄;)!!

まぁ、お迎えに行ったときにも淡路の子はカエルとか食べちゃってる事があるので
一回目の検査ではでなかったけど、もう一度検査してね~って言われてたので予想通りというべきか。

ひとまず注射してもらって、天がいるので念のため隔離しといた方がいいですよと。
健康な成猫は卵の1個や2個は消化できるらしいので、一緒にしてもそれほど心配はないんだけど
免疫が低下している高齢猫や体の小さい子猫はそのまま感染しちゃうこともあるとか。

注射後数時間ですんごい長いのがびろろろろろろ~んっって出てきたときはすっごい怖かった・・・。
虫嫌いなのにすんごい勇気だしてりっちゃんのお尻から掃除したのよ。


隔離一ヶ月って長いわー。
ひとまずは私の作業部屋にケージ(3段)を組んで、そこで隔離生活。
作業部屋は以前部屋に入ってきて網戸を破って外に脱走した天の進入を防ぐための
旦那作「猫侵入防止ドア」がついてます(笑)

こんなの

093.jpg


で、ここに毎日彼らは日参してりっちゃんの様子を伺ってます(。・ω・)ノ゙

128.jpg

特にモカちゃは起きてるときはほとんどここにいます(^▽^;)
彼は世話焼きで毎日みんなのお尻の臭いで健康チェックしてますし、
りっちゃんの虫さんがいなくなったらいいお兄ちゃんになってくれると思います。

130.jpg

毎日少しずつ見慣れて距離をつめているようで、今日はモカちゃとは鼻先をはじめてくっつけるご挨拶まで♪
りっちゃんもお転婆で遊ぶ動きがとても活発でケージなんて入ってらんないわっ!
と、色んな高さの場所に上っていこうとしたり。

月曜日に再度検査して、まだ虫が落ちてなかったらさらにお注射。
一回で落ちてくれてるといいなぁ。




新しい家族

にゃんこが3匹いる我が家に、新たににゃんこが増えました。



065.jpg

出会いは里親募集掲示板。
中学生の女の子が黒い怪我をした猫がついて来てしまって、困っているというものでした。
親御さんが猫嫌いな方だったようで、とても困っている様子が伝わってきて思わず連絡をとったんです。

いざ連絡をとりはじめると、家には置いておけないということで里親が見つかるまでとの約束で
保護ボランティアさんのところへ預かってもらっているらしいとのこと。
その後ボランティア団体の代表さんと直接連絡をとりながらお迎えの段取りを進めました。

結構な怪我をしていること、抗生物質を飲みながら治療をしている途中であること。
子猫ということだったけど歯が永久歯に生え変わっているのでもしかしたら6ヶ月くらいかも?
それでもお迎えしてもらえますか?と聞かれましたが、もちろんですとも!
うちの家族の心はもう黒い女の子にゃんこお迎えするんだー!とノリノリでございました。

幸いお迎え時には怪我も乾いて治りかけてきておりました。
そんなこんなでなんとか我が家に迎えることができたにゃんこ。
仮名がローズちゃんだったこと、生後6ヶ月くらいで冬生まれかなぁ?ってことで
冬のお花?雪の結晶の別名「六花(りっか」ちゃん。

サバイバルな生い立ちだけど、ここからはまったり『にゃん生』を歩いていってもらおうと思ってます。

072.jpg

プロフィール

なつる 

Author:なつる 
明石に住む猫好きのおばちゃんです。
5匹の猫と一緒に暮らしています。
ゲーム実況見るのが好き。
ゲームするのも好き。乙女ゲームもマイクラもARKもやるよ!
爬虫類も好き。

天(てん)15歳



モカ 6歳



チャコ 6歳



六花 2歳


黒豆 1歳

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。